Loading..
Facebook Instagram LINE
駅弁あり遠方より来る、また楽しからずや!(春)

駅弁あり遠方より来る、また楽しからずや!(春)

2019/04/21
春です!桜の季節です!そして行楽の季節がやってきました!! お花見は、古来より日本人にとって、大切な春の行事のひとつでした。 桜の花を見るために野山に出かけ、お弁当を食べたり、お酒を酌み交わしたり。 家族や恋人、親しい友人と一緒に、短い春の訪れを楽しんだものです。

桜の花は筆舌に尽くし難いほど美しく、でもその命は短いもの。一斉に開花した途端、瞬く間に散ってしまいます。 その儚さが日本人の心を深くとらえ、様々な価値観と文化を生み出してきたのです。

そして「旅」と「お弁当」は、今も昔も変わらず、切っても切れないベストパートナーで す。 その昔、桜の名所へは、お弁当を携え、春の里山の風景を愛でながら徒歩で向かったものでした。 今の時代は、鉄道に乗って、車窓に流れる風景とともに駅弁を楽しむという幸せが増えました。 春の駅弁は、桜に負けないくらい彩り豊か。掛け紙も具材も、郷土愛が色濃く反映されて います。 駅弁とは、季節と風土をそのままいただくもの、そして目で見て食べて楽しめるもの。 あなたも一度、駅弁を携えて、桜の季節の日本を旅してみませんか? 初めてなのに何故か懐かしい、ノスタルジックな気分が溢れてくることでしょう。

春を感じる駅弁・めでたい駅弁

春を感じる駅弁・めでたい駅弁
春を感じる駅弁・めでたい駅弁
日本全国駅弁食べた女子「なかだえり」 プロ厳選駅弁特別大公開!
 

福島県 :郡山駅「三春滝桜べんとう」

福島県 :郡山駅「三春滝桜べんとう」
1,050円 福豆屋

日本三大巨桜のひとつ三春滝桜をテーマに
3月〜ゴールデンウィーク限定販売。三春滝桜は樹齢推定1000年超の紅枝垂桜の巨木で、国の天然記念物。付近では桜のほか梅や桃がいっぺんに見られる。桜色の弁当箱を開けると、桜の塩漬けや菜の花、たけのこ、桜型のこんにゃく、うぐいす豆、桃シロップ漬、ふき味噌、春の魚である鰆など春満載。目でも舌でも春が感じられる。
 

岡山県: 岡山駅「桃太郎の祭ずし」

岡山県: 岡山駅「桃太郎の祭ずし」
1,000円 三好野本店

かわいい〜! 桃色の桃型容器
元気で凛々しい桃太郎が描かれた箱をあけると、なんともかわいい容器が。桃太郎の故郷、岡山県の郷土料理。殿様の倹約令のもと庶民の知恵から生まれた「祭ずし」は、地元の祭には欠かせない。甘めのすし飯の上に、華やかに海の幸、山の幸をのせたちらし寿司。海老煮、鰆、小鯛、たこ、ままかりの甘酢漬け、穴子煮、菜の花醤油漬けなど。
 

山形県 :米沢駅「牛肉たけのこおこわ」

山形県 :米沢駅「牛肉たけのこおこわ」
1,050円 松川弁当屋

すきやき風の牛肉と春が旬のたけのこ
竹皮風の器に入った素朴で、しっかりした味の弁当。山菜やたけのこを炊き込んだおこわの上に、すきやき風の牛肉煮と、ド〜ンと日本の春の味覚の代表格たけのこ煮がのっている。特に牛肉は「米沢炭火焼特上カルビ弁当」、「米澤牛焼肉重松川辨當」など米沢牛を使った弁当に定評のある駅弁店ならではのおいしさ。2日前までに要予約。
 

千葉県 :千葉駅、木更津駅「菜の花弁当」

千葉県 :千葉駅、木更津駅「菜の花弁当」
650円 万葉軒

花々に囲まれた房総ローカル線に乗って
千葉の県花である菜の花をイメージさせる彩りに、春気分が盛り上がる。自家製鶏そぼろと煎り卵、箸休めのあさり串もまた千葉らしい。ほのぼのとしたパッケージと低価格に好感度の高い駅弁。子どもから女性やご年配まで幅広い層に向く、千葉駅のベストセラー商品。コンパクトかつリーズナブルだが、お腹はいっぱい!
 

神奈川県: 小田原駅・熱海駅「鯛めし」

神奈川県: 小田原駅・熱海駅「鯛めし」
830円 東華軒

めでたい縁起物の「鯛」 120年の歴史
1897年に発売された「鯛めし」は、しょう油の茶飯に手間ひまかけた鯛おぼろがたっぷり。付属の木製スプーンを使うと、こぼさず食べやすい。こども向きの汽車弁をと考案されたことから甘めの味で、かみしめると旨みが出てくる。山葵漬、ゆず大根漬、あさり佃煮などが味を引き締め調和する。
 

広島県 :福山駅「春彩すき焼き弁当」

広島県 :福山駅「春彩すき焼き弁当」
1,130円 浜吉

地元産牛肉に春の彩りをそえて
ピンク色のパッケージに包まれているのは、がっつり食べごたえのあるすき焼き弁当。一切れ一切れのお肉が大きい。飼育経歴の明確な広島県産牛肉使われている。脂身が少なく冷めてもおいしい。定番の玉子焼や煮物のおかずに加えて、たけのこや桜塩漬け、菜の花など春の食材がのっている。12〜6月期間限定。7月〜11月は松茸入りの秋バージョンも。
 

神奈川県 :大船駅「しらす弁当」

神奈川県 :大船駅「しらす弁当」
920円 大船軒

磯の風を感じるしらすの味
明治31年創業の大船軒は、100年以上つづく「鯵の押寿し」で知られる駅弁店。かくれた定番の「しらす弁当」には、しらすがたっぷりのった海を感じる一品。一つ一つのおかずが丁寧つくられている。お膝元の大船のほか、藤沢、小田原、鎌倉の他、新宿、東京駅でも販売されている。眺望、神社、洞窟など見所いっぱいの江の島の観光やデートのおともにぴったり。
 

愛媛県 :今治駅「瀬戸の押し寿司」

愛媛県 :今治駅「瀬戸の押し寿司」
880円 二葉

急潮にもまれた鯛の味
日本でも有数の鯛の産地・瀬戸内海。なかでも日本三大急潮のひとつ来島海峡のものは身がしまっている。その「来島名産」の鯛めしは、だし汁のきいた炊き込みご飯。ほぐし身の中に、ときどきかたまりが入っているのがうれしい。昔から変わらぬ伝統を感じる味だ。レトロなパッケージもいい。量が物足りない人には、豪華な1,000円、1,220円版もある。