Loading..
FacebookInstagramLINE
本物そっくりで楽しすぎる!知育菓子でおすしやさんになってみた

本物そっくりで楽しすぎる!知育菓子でおすしやさんになってみた

2019/07/30
みなさんは"知育菓子"を知っていますか?

知育菓子とは、お菓子を作るという体験を通じて、子供の想像力を豊かにすることを目的としたお菓子です。

本来は子供向けのお菓子ですが、その楽しさから大人もハマってしまう!と人気を集めています。

今日はその知育菓子を、大人が実際に作ってみました!

今回作るのはこちら!「たのしいおすしやさん」

今回作るのはこちら!「たのしいおすしやさん」
今回作るのはこちら!「たのしいおすしやさん」
近所のスーパーでゲットしてきました。クラシエから発売されている知育菓子です、

お値段は250円(税抜)。

「たのしいおすしやさん」は、粉と水だけで本物そっくりなお寿司が作れるというお菓子。

この一箱でまぐろ、たまご、いくらのおすしと、ちらしずしの4種類作れるようです。
パッケージの見た目はかなりリアルですね!箱の裏面は作り方が載っています。

それではさっそく作っていきたいと思います!
 

中に入っているもの

中に入っているもの
中に入っているもの
・トレー
・スポイト
・スプーン

【おすしの材料】
・ごはんのもと
・たまごのもと
・まぐろのもと
・いくらのもとA
・いくらのもとB
・しょうゆのもと
・ソフトキャンディ(いくらのおすしに使います)

中身が入っている袋は、はさみでカットすると「おすしやさんシート」になります。
捨てずに取っておきましょう。

水もはじめに用意しておきます。
 

シャリを作る

シャリを作る
トレーに水と「ごはんのもと」を入れて、スプーンでよく混ぜていきます。

だんだんとご飯っぽくなってきました・・・!

ある程度まとまってきたらシャリの完成です。
 

たまごを作る

たまごを作る
ご飯が完成したら、お次はたまごです。

模様のついたトレーに水と「たまごのもと」を入れて、スプーンでよく混ぜます。

混ぜ終わったら平らにします。
 

まぐろを作る

まぐろを作る
たまごと同様に、模様のついた別のトレーに水と「まぐろのもと」を入れてよく混ぜましょう。

平らにして、3分待つと固まってゼリーのようになります。

この時点ではまだネタ感はあまりないです・・・
 

のりを作る

のりを作る
のりを作る
いくらのおすしに使う、のりを作っていきます。

ソフトキャンディを、おすしやさんシートの「のりの大きさガイド」に置き、枠の大きさに合うように手で伸ばしていきます。

少し硬いですが、横に押すように広げていくのがポイントです。
 

いくらを作る

いくらを作る
いくらを作る
2つのトレーに水を入れ、それぞれに「いくらのもとA」と「いくらのもとB」を入れ、スプーンでよく混ぜて溶かします。

スポイトでオレンジ色の液(いくらのもとB)を吸って、もう片方のトレーに落としていくと・・・

いくらができてきた・・・!!!!!!
しかもかなりリアル。

次々生産されるいくらにだんだんテンションが上がってきました。
 

シャリを握る

シャリを握る
いよいよおすしを握っていきます。

一番初めにつくっておいたシャリ(ごはんを)6等分にして、おすしやさんシートの「ごはんの作り方」を参考にしながらシャリを握っていきます。

表面を平らにしておくと、ネタが綺麗に乗せられるそうです。
 

たまごとまぐろのおすしを作る

たまごとまぐろのおすしを作る
たまごとまぐろのおすしを作る
お寿司の完成まであとわずか!
シャリにネタを乗せていきましょう。

まずはたまごとまぐろのお寿司を作ります。

②と③で作ったたまごとまぐろはもう固まっています。
それぞれ適当な大きさに切って、シャリの上に乗せれば完成!

なんとネタに模様まで付いてる・・・!(興奮)
もはや本物にしか見えません。

※たまごとまぐろは後でちらしずしにも使うので少しずつ残しておきましょう。
 

いくらのおすしを作る

いくらのおすしを作る
いくらのおすしを作る
④で作ったのりを、シャリに巻いていきます。
そのあとスプーンでいくらを乗せていくと・・・・・

あっという間にいくらのおすしの完成~!

これはもう本物にしか見えない。(2回目)
だんだんとお腹が空いてきました・・・

※いくらも後でちらしずしにも使うので、少し残しておきます。
 

ちらしずしを作る

ちらしずしを作る
ちらしずしを作る
残しておいたたまご、まぐろをスプーンで細かく刻みます。

シャリにまぐろ、たまごを乗せて、最後にいくらを乗せれば・・・

ちらしずしの完成です!
 

ついにおすしのできあがり!

ついにおすしのできあがり!
おすしやさんシートに作ったおすしを並べたらおすしの完成です。

ここまで本物そっくりなお寿司ができるとは思っていませんでした。

もちろんお菓子なので、作った後は美味しくいただきましょう。
シャリはソーダ味、たまごはリンゴ味、まぐろはグレープ味、いくらはみかんソーダ味です。

いくらのプチプチ感も本物そっくりに再現できています!!!
 

しょうゆに付けてお寿司を食べよう!

しょうゆに付けてお寿司を食べよう!
しょうゆに付けてお寿司を食べよう!
ごはんを作ったトレーに水と「しょうゆのもと」を入れてかき混ぜればしょうゆ(ソーダ味)のできあがり!

しょうゆをかけるとさらにお寿司感が増しますね。
 

おわりに・・・

おわりに・・・
水と粉だけで本物そっくりな食べ物が作れる知育菓子。

思った以上にクオリティが高く、とても楽しかったです。

おすしやさんだけでなく、パンやさんやクレープやさんなども発売されているのでまた作ってみたいと思います。

みなさんもぜひ童心にかえって遊んでみてはいかがでしょうか?