Loading..
FacebookInstagramLINE
【東京 日本刀体験】浅草は雷門・浅草寺だけじゃない!「カタナバ」で武士になりきる居合抜刀体験!

【東京 日本刀体験】浅草は雷門・浅草寺だけじゃない!「カタナバ」で武士になりきる居合抜刀体験!

2019/09/13
東京旅行にきたら、普通のツアーにあるような観光地巡りではなく、独特な体験をしたい!
そんな方にぜひおススメしたいスポットが、観光名所"浅草"にありました。

今回は、本物の日本刀の取り扱い方を学ぶことができ、巻き藁を斬ることができる居合抜刀体験をやってきました!
「居合抜刀」とは、古来より伝わる武術の1つです。各地方で様々な流派が存在し、伝承されてきたようです。

本物の日本刀を使う体験ができるスポットは日本全国でも少ないはず!

ということで、編集部が早速体験してきました!

巻き藁(まきわら):古畳やゴザを巻いて水につけたもので、試し切りに使われる。

「居合抜刀 カタナバ」とは?

「居合抜刀 カタナバ」とは?
東京・浅草の人気観光スポット「浅草寺」の左手を抜けて、細い道を少し進むと、「カタナバ」の大きな垂れ幕が見えてきます。

「カタナバ」は、居合抜刀術の剣士として活躍する松本さんが、手軽に日本独自の文化、日本刀を体験してもらいたいという思いでオープンしたお店です。今年の5月にオープンしたばかりで、毎週火曜日のみの営業となっています。

松本さん
剣士/松本栄一さん

こちらの「真剣試斬り体験コース」に参加すると、日本刀の取り扱い方、剣士によるデモンストレーション、実際の試し切りまで体験することができます。料金は45分で5,000円。

同じ場所に瓦割りが体験できる「瓦割りカワラナ」があり、こちらは土日のみオープンしています。今回の取材で一緒に体験させていただいたので、瓦割りのレポートは次回の記事をお楽しみに!
 

壁には様々な種類の日本刀が!!

壁には様々な種類の日本刀が!!
体験に使用する日本刀は、すべて松本さん所有のものです。
刀の種類が色々ありますが、初心者にとって斬りやすく短めの「小太刀」もあれば、長くて重めの「太刀」もあります。

値段を気になって聞いてみると、
剣士松本さん

安いものでも50万程度の値段になります。
おそらくここにあるもので、高級車が一台買えるぐらいではないでしょうか。


個人ではなかなか買えない相当貴重なものですね...
 

素振りで基本を学ぶ!まずは構えと振り方を覚えましょう!

素振りで基本を学ぶ!まずは構えと振り方を覚えましょう!
まずはダミーの柄を使いながら、持ち方を勉強します⇩

刀の柄
次のステップは、木刀を持って、ターゲットに向けて構えと振りの練習⇩

練習1

練習2
 

私、新聞紙すら切れませんでした!

私、新聞紙すら切れませんでした!
基本練習が終わったら、本物の日本刀で新聞紙を丸めたロールを斬ってみます。
本物はやはり重いです。

新聞紙ならサッと切れるだろうと思ったら、なかなか切れません、、、⇩

新聞1
松本さんが何度も強調していたこと、日本刀でものを切る時は、刃の角度がとても重要とのことです。力はそれほどいりませんが、刃の角度、そして振り切る、あとは気合いが決め手だそうです。
剣士松本さん

居合抜刀は古武道であり、
目的は「敵を斬る」だけです。
敵を倒すつもりで振りきりましょう


なるほどですね。では、新聞紙を敵に見立てて想像します!
そして、角度を調節して振ったら、成功!

新聞2
 

剣士/松本さんのパーフォマンスは圧巻!

剣士/松本さんのパーフォマンスは圧巻!
剣士松本さん

個人の練習は欠かせません。
店や道場等で月に100本以上の巻き藁は切っています。


なんと!技を競う大会で何度も賞を獲得したことがあるとのこと。実際の居合抜刀の技をデモンストレーションしてくれます。

デモンストレーション1
精神統一をはじめる松本さん。やはり表情が変わります。

デモンストレーション2
とても綺麗に切れました

2本の巻き藁を敵と見立てて連続で切り、そして最後の巻き藁を斬るまで、緊張感が漂ってきます。とても迫力のあるパーフォマンスでした。
特に鞘から刀を抜く速さ、居合のスピードと精確さ...その臨場感は写真や動画では、なかなか伝えられないものです。皆さんもぜひ一度自分の目で見てみてくださいね!
 

いざ、本番!

1本の巻き藁をゲームに出てくるようなモンスターとして想像し、精神集中。松本さんの掛け声と共に斬ったら、、、できました!!!

ちょっと恥ずかしいですので表情を隠しましたが、嬉しい表情でした。
表情はこういう感じ:(・・) ⇒ ヽ(`⌒´メ)ノ ⇒ (@゜Д゜@; ⇒ (⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷ ⌑ ᵒ̴̶̷⸝⸝⸝)✨
斬れた時の爽快感と達成感は、本当に代えがたい貴重な体験でした。

「斬った瞬間に皆が同じ表情をします」と松本さんが言っていました。
斬れた瞬間の喜びと驚きをたくさんの人に味わって欲しいというのは、「カタナバ」が存在する価値だそうです。
 

【おまけ】一番長い日本刀を持たせてもらいました!

【おまけ】一番長い日本刀を持たせてもらいました!
とても長い日本刀(イミテーション)を持たせていただきました。
このような日本刀を上手に扱えたら、さぞかし気持ちいいでしょうね。

体験後、「カタナバ」の可愛いステッカーももらいました⇩
ステッカー

居合抜刀 カタナバ(KATANABA SLASH)

居合抜刀 カタナバ
住所東京都 台東区 浅草2丁目27-17
営業時間Tue: 11:00-17:00
定休日Mon, Wed-Sun